高級おせち料理人気

なぜおせち料理を食べるの?

私が物心ついた頃からおせち料理は存在し、お正月には食べるものと言われていました。
でも、なんでお正月に食べるの?と今さらながら疑問に思います。
おせち料理とは、「御節」料理とも言われ、季節の節目に作られる料理のことで、
日本で一番の節目であるお正月に食べる「料理」です。

 

新しい年を迎えてから食べるものというイメージが強い「御節料理」ですが、大晦日の12月31日から
元日の1月1日にかけて食べる料理であったと言われています。

 

一番の節目に食べる料理のため、食材にはいろいろな意味が込められています。

 

例えば、

 

おせち料理に使われている豆は多くは黒豆です。
黒は邪気を払う色と言われており、邪気を払っていつまでも健康で
「マメ」に働けるようにという願いが込められています。

 

 

 

おせち料理の定番の数の子
苦手な方も多いですが(私もです)
数の子には沢山の卵が詰まっています。
そのため、沢山の子供に恵まれますようにという子孫繁栄を
表しています。

 

 

 

田作りとはその名前のとおり、田を作ること。
田作りに使われているイワシは昔は粉にして田を作る際の肥料に
使われていました。
そのため、田を作って豊作を願う として使用されています。

 

 

 

海老は腰が曲がっています。
そのため、腰が曲がるまで長生きしましょうという
長寿を表しています。

 

 

 

 

伊達巻の由来は様々あると言われています。
伊達政宗が好きな食べ物だったため・派手な見栄えのため・
女性が着ていた和服に使われている「伊達巻に」
似ていたためなど。
その形が巻物に似ているため、知識が豊富になるようにという
意味が込められているとも言われています。

 

 

栗きんとんとは、栗金団=金の塊に例えられ、商売繁盛やお金、財産が
増えることを願っておせち料理の定番になったと言われています。
栗きんとんには現在は栗とさつまいもが使われていますが、
栗は明治以降から使用されるようになったと言われています。

 

 

 

 

紅白は一般的に縁起が良いといわれており、おめでたいことには
よく使用されています。
縁起の良い1年を迎えることができるようにとの願いを込めて
紅白かまぼこが使用されています。
また、かまぼこの山の形が日の出に似ているともいわれており、かまぼこに
使用される魚は白身のため、高級なご馳走でもあったと言われています。

 

 

紅白なますも紅白は縁起が良いため、なますは水引を表していると
言われています。
水引きとは封筒や贈答品などについている飾りのひものことで
洗浄・神聖といった意味を持つと言われています。

 

 

 

 

おせち料理ひとつひとつにはいろいろな意味が込められています。
昔の人の思いにはせながら料理をいただくというのもいいかもしれませんね。